クリスマスギフトはAmazonでチェック!

この英語の言い回し「No one will be (any) the wiser」の使い方ご説明します!

「No one will be (any) the wiser.」

これは、誰も気が付かない、という英語の言い回しになります。

この言い回しは、文法用語の「比較級」を使うんですが、私はこの比較級が好きではありません。笑!

 

詳しくご説明いたします。

 

まずはこの例文から。

I like him all the better for his weakness.
私は彼が弱さをもっているので一層好きなのです。

これは、
「the+比較級+for(because)…..」という形で「・・・なので一層~」という意味を表します。

冠詞の「the」が付くこといより一層というニュアンスが加わります。さらに、比較級の後の「for(because)」でその理由を説明するのです。

 

次にこの例文です。

He is none the better for his experience.
彼は経験を積んだからと言っよくなった訳ではない。

これは、
「none the+比較級+for(because)…..」ですが、「・・・だからと言って~というわけではない」という意味になります。

 

その前に置かれる「all none」でその程度を表しているのです。

all では、一層、とても、と加えることができます。
none では、ない、なし、として否定できます。

 

では、

冒頭の例文の訳の流れをご紹介します。

誰もいくらかでも賢くなる人はいないでしょう

(そのことに気づけばその人はその分賢くなるでしょう)が暗に示されています。

いくらかでも賢くなるような人は誰もいないでしょう

誰も気がつかないでしょう

「No one will be (any) the wiser.」

 

いかがでしたでしょうか?

 

こんな関連記事もどうぞ:

英単語「need」の助動詞の使い方まとめましたよ!

写真のクレジット:theundercoverrecruiter