クリスマスギフトはAmazonでチェック!

機械などの調子がいまいち、そんな時に使える英語の言い回しはこれ!

「on the blink」

単語の「blink」は、瞬きする、ちらつく、点滅する、って意味なんです。

この表現を英語にしようとすると、私たちはよく「wink」ウィンクっていいますが、こちらはほとんど使いませんね。

そしてこの言い回しは、(機械などの)調子が悪くて、と形容詞句として使います。

英語では、When a machine is on the blink, it is not working correctly.(Cambridge Dicitionaryより抜粋)

「on the fritz」も同様の意味として使われます。

 

This fridge is on the fritz.
この冷蔵庫調子が悪いよ。

Let’s get it fixed. How long has it been on the blink?
直しに出そう。いつから調子悪い?

 

※fridgeは、冷蔵庫の refrigerator の省略形で口語となります。

get it fixed.は、get を使った分詞の言い回し。get +目的語(O)+ 過去分詞で、「~ O をさせる」という意味になります。自分ではなく人にさせるのです。

英語の「get」の使い方!後ろに分詞や副詞や形容詞がつく色々を整理してみました!

has it beenは、is on the blink を現在完了にしたものである。have を加え be動詞の is を過去分詞の been にしたもの。

 

追加情報:

ちらつく、点滅する、って意味なんですが、

プリンターなどのエラーライトが、点滅してちかちかする状態から、調子が悪いと来ているようです。

余談ですが、

自動車のウインカーは、英語では「ブリンカー」と言いいます。これはこの blink から来てますよ。

 

こんな関連記事もどうぞ:

何の役に立つの、って言いたいときにはこの英語の言い回し!

初記事2017年6月24日

写真のクレジット:freemake.com