クリスマスギフトはAmazonでチェック!

あなたの英語の発音なんか誰も気にしていない!あなたが誰なのか知りたいだけ!

あなた自身であること、と英語について!

発音が下手だから上手くなりたい!
発音が苦手なので恥ずかしい!
発音がうまいと安心するので発音教室に通っている!

色々見聞きすればするほど、なぜそこまで発音にごだわるのでしょうか?

 

わたしは今の風潮に賛成できない。

 

以前に、わたしの外国人(英語が第2外国語)の知り合いにある質問をしたことがありました。

彼らは、自分自身であること」を大事にしています。

 

簡単に言えば、

自分はだれで、何を目標に生きているか、どんな意見を持っているかと言うことなのです。

 

自分自身があって、その上に英語が存在するということになります。

そのために発音が少々下手でも、自分の意見を主張することが重要になるのです。

 

そんな彼らは、自分の英語に磨きをかけるためにしていることは、

「文法と構文」の充実と「語彙」を増やすこと。

 

発音は2の次!

 

会議やフリートークでなかなか意見を言わない日本人を見かけることがあります。

もうそろそろ、このハードルを脱しないといけないと強く感じますね。

 

発音は意識しすぎないで英語で自分の意見を言いましょ。

 

留学生としてこんな体験をいたしました!

Your English is perfect!と言われたらThank you and good-bye!といって立去ろう!

さて、そしてこの書籍をご紹介します!

スズヒロ

これほどまでの論理的に英語の構造を解析した書籍にお目にかかったことがありません。
文構造って難しくないですか?

アサさん

是非是非、目を通してください。絶対に感激しますよ!

ラクくん

写真のクレジット:digitalpr

わたし英語が得意じゃないんで、と言って喋らない人はダサい! レバレッジスキルとしての英語!会社のための英活やめて自分のために学習しよう! この2つとの付き合い方で決まります「高揚感」と「母国語の納得感を求める衝動」!