クリスマスギフトはAmazonでチェック!

バーでの支払いが違います、こんな英語表現を覚えておいてね!

「start a tab」

つけで払う、という意味の言い回しです。startの代わりに、runも使えます。

以前の記事で、バーでカウンター席に座る「sit at the bar」という言い回しをご紹介しましたが、カウンターで注文するときにも使えます(勿論テーブル席でも同様です)。

またバーテンダーやウェイトレスが尋ねてくるときもありますので、是非に覚えておいてください。

カウンター席に座るって、こんな英単語つかいますよ!

 

さて、もう一つご説明します。

英単語「tab」ですが、これには「勘定」という意味があります。ここで直訳の「勘定を始める」が「つけ払いを始める、つけで払う」という意味になりますよ。

Can I start a tab?
つけ払いでお願いしたいんだけど?

※支払いの方法はつけ払い以外には、毎回ドリンクを運んできてくれたら現金払いする方法がありますよ。

 

さて、友人がもう一人参加してきて、彼の分も自分が払うとしましょう。

そんなときには、こんな表現になります。

Put it on my tab, please.
私の会計に入れておいて下さいな。

 

そして、飲み終え帰る時には、次の一声を。

Can you close my tab?
会計しめてください。

 

加えて「おごる」という表現の記事もご紹介します

お言葉に甘える、って英語でこんな風に言えるんですよ!

 

Have a glass of beer on the house.
ビールお飲み下さい店のおごりです。

All drinks are on me.
全部のお酒俺のおごりで。

It’ on me.
僕のおごりで。

 

こんな関連記事どうぞ:

くたばれ、ってこんな英語の言葉も最近使われますね!

写真のクレジット:matomake

アイキャッチ画像:GIZMODE