堅苦しいんじゃなくて気楽に喋って通じる便利なこんな意味の英語フレーズをご紹介!

仕事人・投資家&英語アドバイザーのスズエヒロユキです。

本日のフレーズ

盛りを過ぎた人

お願いがある

~以外に何もすることがない

必要ない

ぞっこんである

彼のアリバイの裏付け取れました

まさにその通り

嫌いになる

これがわたし流なの

has-been:盛りを過ぎた人

これは、時代遅れの人、盛りを過ぎた人、過去の人、という意味の口語表現になります。

英語では、you are indicating in an unkind way that they were important or respected in the past, but they are not now.(Collinsより抜粋)

It’s just another day of a life of a has-been banker.
全くいつもどおりの落ち目の銀行員の一日。

He’s a has-been TV star.
彼は盛りを過ぎたテレビタレント。

have a favor to ask:お願いがある

これはよくご存じの、お願いがある、頼みごとがある、という意味の言い回しです。

人に何かを頼みたいときには、このフレーズをいれて頼みましょう。

こんな言い方ができますよ。

I have a favor to ask.

I’ve got a favor to ask you.

Could you do me a favor?

Can I ask you a favor?

宿題を手伝ってほしいので友達に一言という状況。

Do me a favor please.
お願いがあるんだけど。

Depends.
内容による。

Wondering if you could help me with this Math assignment.
この数学の宿題手伝ってくれるかな。

have nothing to do but do:~以外に何もすることがない

これは、~する以外にすることないね、という意味の言い回しになります。

これに付随してこんな言い回しもあります。

There is nothing left (for me) to do but do….

例文は:

I had nothing else to do but wait.
待つ以外になにもすることはなかった。

追加情報

nothing but というのがあるんですが、これは、~しか、だけ、という言い回しなんです。

only の、~だけ、というよりももっと強調できるんでうね。

She only buys brand-name goods.
彼女はブランド品だけ買う。

She buys nothing but brand-name goods.
彼女はブランド品しか買わない。

have no use for:必要ない

これは、役に立たない、という意味の言い回しになります。

have は get にも置き換えることが出来ますよ。そして必要ない、役に立たない、という意味になります。加えて、大嫌い、我慢ならないというのもあります。

I got no use for those books.  Take it all with you.
その本必要ないんで、全部持って行って。

追加情報:

この言い回しの変化したものもあります。

「have more use for」

~がより使い道がある、という意味で使うことが出来ます。

あいつに相談してみたらという友人に、奴はだめ。よっぼどシャツの背中のポケットの方がまし、といういかにも皮肉った言い方の例文は:

Talking about him?  No way.  I got more use for a back pocket on my shirt.
奴のこと言ってるの? ないない。俺のシャツの背中のポケットの方が使い道がある。

head over heels:ぞっこんである

実はこれには大きく2つの意味があります。

1つには、真っ逆さまという意味。そしてもう1つには、に夢中という意味。

本日は2番目の意味のご紹介です。「ぞっこんである、ほれ込んでいる」という意味の言い回しになります。

まさに頭から爪先まで全身でいっちゃってるわけですね。

この場合には、be動詞と一緒に使ってください。

She is head over heels in love with Hiro.
彼女ヒロにぞっこんなんだ。

例文では「in love with」を使いました。これで意味がもっと明確になりますね。勿論、使わなくても同じ意味です。

追加情報です:

この言い回しの起源については以下のアドレスをご参照ください。わかりやすく解説しています。このサイトはよく活用しています。

The Phrase Finder

His alibi checked out.:彼のアリバイの裏付け取れました

この文は、彼のアリバイの裏付け取れました、という意味になるんです。

証言などが裏付け調査で合致する、裏付けが取れる、という意味で使われる言い回しになります。

英語では、if information, facts, etc. check out, you can prove that they are true or correct:

単純に主語の後に check out を付けて使います。

ラクくん

His story checked out.
彼の話は事実であると確認が取れた。

追加情報
こんな他の言い回しもあります。「check it out 」これは、何かをお勧めする時に「いいよ、見てみなよ」という意味で使う事が出来ます。

Have you seen Hiro’s new car? Check it out, it’s awesome.
ヒロの新車見た?凄いから見てみなよ。

受身にしない例

モノが主語なので受身にしたくなりますが、そうしなくてもいいのですよ。

受動態にしないで能動態のままで行ける英語表現を覚えましょ!

hit the nail on the head:まさにその通り

まさにその通り、という意味になるんです。

インフォーマルな表現です。

nail を爪でなく「釘」と訳すとイメージできます。小さな釘の頭のまっすぐに叩くのは難しいですからね。

英語では、to describe exactly what is causing a situation or problem:(Cambridge Dictionaryより抜粋)

I think he hit the nail on the head when he said about that.
彼がそれについていった時、まさに物事の本質を突いたよね。

You’ve hit the nail on the head.
まさにその通りです。

是非、「That’s right」「Exactly」だけじゃなくて、この言い回しも加えてください。

hold it against someone:嫌いになる

これは、「あることで人を責める、嫌いになる」という意味の言い回しです。

「it」は、その前の事柄を受けて使います。なので敢えて「~こと」とか「あれ」などを挿入にして使うことも可能ですよ。

英語では、to blame something on someone; to bear a grudge against someone; to resent someone.(THE FREE DICTIONARYより抜粋)

I am the one who broke your bike.  I’m sorry.  hope you don’t hold it against me.
君のバイク壊しちゃったの俺なんだけど。ご免。嫌いにならないでくれる。

How I was raised:これがわたし流なの

これがわたし流なの、という意味の言い回しになります。

そのものずばりで「そうゆう風に育てられたから」ということです。

慣用表現「習慣として長い間広く使われてきた、ひとまとまりの言葉・文句や言い回しのこと(Wikipediaより引用)」ではありません。

 

いろいろお世話になっている人になんとか感謝に気持ちを伝えたいと思い手料理を振舞うことにした、という状況です。

女性:I made dinner to say thank you.
お礼に夕食を作ったの。

男性:You don’t have to do that.
そんなことしなくていいのに。

女性:How I was raised.
わたしはそう育てられたの。

 

仕事人・投資家&英語アドバイザーのスズエヒロユキでした。

アイキャッチ画像:Udemy