会議も終了懇親会や飲み会でのフリートークなんかにお役立ちフレーズをご紹介します!

仕事人・投資家&英語アドバイザーのスズエヒロユキです。

本日はこんなフレーズをご紹介します!

本日のフレーズ

たまげたよ

それ、よく言われます

やりますよ

私がまちがっていた

待ってました!

あなたのことをもっと知りたい

つじつまが合わない

I am floored.:たまげたよ

これは、驚いたよ、たまげたよ、という意味になります。

この floor には他動詞で、「打ちのめす、参らせる」という意味があります。

very surprised になりますかね。

When I heard about the news, I was really floored.
そのニュース聞いたとき、仰天したよ。

You looked floored when I came in.
僕が入ってきた時、君ら驚いてたよね。

またこんな言い方も:

You floored me when you told me about that.
その件を教えてくれた時には驚いたよ。

I get that a lot:それ、よく言われます

この言い回しの意味は、「それ、よく言われます」という意味の言い回しです。

会話中に相手が何かについて触れたとき、それが普段からよく言われることだったりすることありますよね。

よくが、a lot 、それが、that 、そして I get で言われる、となります。

言い換えれば、

「I was told that a lot」となります。

 

By the way, how old are you?
どころで、おいくつ?

I’m Thirty-five.
35ですけど。

Really?  You look much younger.
本当に、もっと若く見えるけど。

I get that a lot.
よくそう言われます。

追加情報

この「I get」は便利な表現です。

こんな表現はいかかでしょうか?

相手に丁寧に説明してもらった、納得した時に使えますよ。

Now I get it.

これは「やっとわかった」という意味です。

I save you the trouble.:やりますよ

少し訳しにくい言い回しですが、これは「やりますよ」と言う風に訳すことができます。

英語では、to do something so that someone else does not have to do it
英語・例文(Merriam-Websterより抜粋)

誰かがしなくて済むようにする、相手の手間を省く、相手の面倒を取り除く、といった意味で使えますよ。

I’ll make the appointment for you to save you the trouble.
代わりにアポとりますよ。

追加情報

save you money と save money の違いについて。

save you money:節約する

If you make your own clothes, it will save you money.
自分で服を作れば、お金の節約になるよ。

save money:貯める

His aim in life is to save money.
彼の人生の目的はお金を貯めること。

I stand corrected:私がまちがっていた

これは、私がまちがっていた、という意味の言い回しになります。

英語では、used to admit that something you have said is wrong after someone has told you it is wrong(Longmanより抜粋)

間違いを指摘されそれを認める、という意味で使われます。案外よく会話で使われます。

言い替えますと、I admit that I was wrong.となりますかね。

The Edo period was established in 1630.
江戸時代は1630年に始まったんだよね。

No it wasn’t.  Look in the textbook.
違うよ。教科書チェックして。

Oh, sorry. I stand corrected…It was in 1603.
ごめん、間違いだった。1603年だった。

※「Ooops, I was wrong.」や「Sorry, I was wrong.」などいろんな言い方が出来ると思いますが、この「I stand corrected」も覚えておいてくださいね。

追加情報

他にも「stand」を使ったこんなフレーズがあります。

stand down、これは「警備態勢を解く」や「証人席から退く」という意味があります。
stand clear、これは「離れて立つ」という意味があります。

I thought you’d never ask.:待ってました!

これ決まり文句なんですよ。

「待ってました!」
「やっと言ってくれたね!」
「もっと早く行ってほしかったよ!」

ずっと楽しみに待っていたり、期待していたりした人が使う決まり文句です。

直訳の「君は決して言わないと思っていたよ」の裏に、期待の気持ちがあったのですね。

 

ヒロが食事に誘ってくれることを待っていたキャシーが一言。

How about having dinner together? I hate eating alone.
ひとりで食事するの嫌いだから、一緒に夕食食べるのどう?

I thought you’d never ask.
やっと言ってくれたね。

I wanna get to know you better.:あなたのことをもっと知りたい

友達になりたい、なかよくしたい、という意味の言い回しです。

直訳しますと「あなたのことをもっと知りたい」になります。

ご想像に通り、使い方によっては「お相手へのお誘い」になりますので、注意してお使いください。

アサさん

What did you say to her?
彼女になんていったんだい?

I just said that I wanted to get to know her better.
仲良くしたいねっていったんだ。

追加情報

get toの文法表現をご説明します。

こんな使い方

これは、get to do~表現になります。意味は「人が~するようになる」と言う意味です。この~になる、は「できる」と言い換えることも可能です。

そしてdoのところには、今回のknow、そして状態を表す動詞のfeel、own、see、like、realizeなどを入れて使えます。

I finally got to see him.
ようやく彼に会うことが出来た。

となります。

また、get to ~は、少し改まったcome to ~に言い換えが可能です。

さらに追加情報:

ご存知と思いますが、wannaは、want toの省略で口語的表現になります。親しいい間柄では書き言葉でも使えます。

It doesn’t add up:つじつまが合わない

これは、腑に落ちない、つじつまが合わない、という意味の言い回しです。

英語では、If facts or events do not add up, they make you confused about a situation because they do not seem to be consistent.(Collinsより抜粋)

It doesn’t make sense と同様に使えます。

I wonder if she is telling the truth about that.
彼女あの件について本当のこといってるのかしら。

It doesn’t add up.
どうも腑に落ちない。

His story of what happened to him just doesn’t add up.
彼に何が起きたのかっていう話つじつまが合わないね。

仕事人・投資家&英語アドバイザーのスズエヒロユキでした。

アイキャッチ画像:VIXEN DAILY