堅苦しいんじゃなくて気楽に喋って通じる便利なこんな意味の英語フレーズをご紹介!

仕事人・投資家&英語アドバイザーのスズエヒロユキです。

本日はこんなフレーズをご紹介します!

本日のフレーズ

我慢しなさい

井戸端会議

どうしても

君の見解は?

ここぞという時

言葉が出ない

超一生懸命働く

それでいいよ

walk it off:我慢しなさい

これは、我慢しなさい、という意味の言い回しになります。

聴くところによると、アメフトの選手がタックルされ痛がるのを見て、このフレーズを使うそうですよ。

英語では、Definition: To walk in order to feel better.
People can use walk it off to refer to trying to alleviate emotional pain as well as the more common physical pain.

It really hurts.
超痛いよ。

Just walk it off.  You’re gonna be OK.
我慢しな。大丈夫だからさ。

He managed to walk off his bad mood.
彼は不快な気分を我慢できた。

water cooler:井戸端会議

これで「井戸端会議」という意味になります。

冷たい水を出す、あのウォータークーラーがなぜこんな意味として使われるようになったのか、わかりません。がしかし、数人が集まっていろいろを噂話をして憂さを晴らすことを考えれば、とても的を得た比喩的表現ですよね。

英語では、used in expressions that refer to the informal conversations that people have in their office or workplace.

ポイントは、オフィスや仕事場でのたわいのない会話となっていますね。

日本での由来は、長屋の女たちが共同井戸に集まり水くみや洗濯などをしながら世間話や噂話に興じたさま(Wikipediaより抜粋)、となります。

それにしても、どこに国でも同じような表現と由来があることには驚きますね。

I need a water cooler talk at times to relieve a lot of stress.
山盛りのストレスと和らげるのに時には井戸端会議が必要。

使い方ですが、

単独でwater coolerだけでもいいですが、

water cooler conversation
water cooler discussion
water cooler talk

などなど後ろに付けても使えます。

追加情報

インターネットのグループでのチャットなら

cyber water coolerですかね。

余談ですが、

日本の井戸端会議の直訳なら、

well talkなんていいですね。

whatever it takes:どうしても

どんなことでも、どうしても、という意味の言い回しです。

スズヒロ

みなさん、複合関係詞という文法用語を覚えていらっしゃいますか?

疑問詞に ever をくっつけたものです。その中の一つになる「whatever」です。でも難しく考える必要はありません。

もし、出くわしたら「形」と「使い方」で掴みましょう。

さあ、例文です!

Do whatever it takes to get it done by tomorrow morning.
どうしても明日の朝までに間に合わせるようにするんだよ。

He’s willing to do whatever it takes to get there.
彼はそこに着けるならどんなことでもする。

ルールについて
そして、なぜこの語順になるかといいますと、それは間接疑問文というルールだからです。whatever does it take という形を whatever it takes に肯定文と同じ語順にしなさい、というものです。間違い易いポイントですので、要チェックですよ。
Do you know と where is he? を結合すると、Do you know where he is? となるということです。

アサさん

では、こちらはいかがでしょうか?

「what it takes」

これは、お金や才能など成功するために必要な要素や資質、能力を意味する言い回しです。ぜひ上記と一緒に覚えておいてくださいね。

ラクくん

He doesn’t have what it takes to be president.
彼は大統領になる器ではない。

You don’t have what it takes.
お前には才能がない。

What is your take?:君の見解は?

この言い回しのポイントはやはり英単語「take」ですね。動詞の意味は皆さんよくご存じですよね。

ここでは名詞として「見解」「見方」の意味で使われていますよ。で、

ここが分かれば掴みやすいです。

英語ですと、to ask someone for their opinion and ideas.

I’m not sure if it’s good.  What’s your take on that ?
良いかどうかよくわからないんだけど。あなたその件どう思う?

追加情報

~について、の部分は前置詞の「on」を使います。

突然、前触れなしに質問されて「なんの件だよ」と言い返す状況。

What’s your take?
君の見解は?

On what?
どの件?

他の表現にはこんなものもあります。

What is your opinion?
What do you think?
What do you make of it?

when it counts:ここぞという時

これは、ここぞという時に、大事な時に、という意味の言い回しになります。

例文は:

He manages to make himself understood in English when it counts.
ここぞという時に彼は自分の気持ちを英語で伝えるんですよ。

追加情報

make oneself understood は、使役動詞を使った言い回しになります。

make+人+過去分詞で、自分のことを理解させる⇒自分の気持ちを伝える、ということになります。

違い
when と where の違いについて:

when it counts = at a very important time of one’s life
ここぞという時に

where it counts = in a very important area of one’s life
ここぞという所で

Words fail me:言葉が出ない

これは、言葉が出ない、という意味の言い回しになります。

とても驚いたりしてショックを感じ何を言っていいのわからない、という感情がありますよね。

そんな時に使ってください。

英語では、said to emphasize your surprise or shock, especially at something you have just seen or been told:(Cambridge Dictionaryより抜粋)

I can’t think of any words to say now. といったところでしょうか?!

How could you have been so stupid?  Words fail me.
なんでそんなバカだったのよ?言葉が出ないね。

work my ass off:超一生懸命働く

これは、超一生懸命働く、という口語(俗語)になりますよ。

英語では、work very hard となります。

意味解説を英語にて:

You are working really hard. Basically you are putting all your energy into it.
ほんと超一生懸命働いている。実際にエネルギーを注いでいる感じです。

追加情報
単語 ass はよく使いますが、仲間内での使用ではOKですが、目上や他人の前では使わないように。

Works for me:それでいいよ

これは、それでいいよ、大丈夫、という意味の言い回しになります。

使い方は、上記のように、そのまま Works for me. や That works for me. It works for me. と It や That を付けて使います。

英語では、used to say that something is very suitable for someone and does exactly what they wanted or expected(LONGMANより抜粋)

How about Monday at 10?
月曜の午10時はどう?

It works for me.
私はそれで大丈夫。

I’m free this afternoon. Want to meet around 1?
午後履いてるから。1時にあう?

Works for me.

この単語 work には、機能する、という意味があります。

直訳では「それは機能する」ですが、そこから「それは上手くいく」「大丈夫」という風になりましたよ。

アサさん

他にも:

単語 fine を使った同様の意味になるものがあります。

Fine with me.
いいよ、大丈夫。

最後に

ほんとにたくさんの気の利いた言い回しがあるんですね。

どんどん巡り合って使えるようにづれば重宝します。

 

会話の楽しみってやはり、気の置けない仲間とわいわいがやがや、お酒をのみながらいろいろな話に花を咲かせるというのが一番です!

そこでは、受験英語や読書英語ではなんだか味気がありません。

 

会話にはそこで使うと「ぴしっと」と決まるものがあるんです。

(正直、決まらなくても、使えなくてもいいんですけどね!使えた方が楽しいんですよ)

 

ここで私のお気に入りの書籍をご紹介しておきますよ!

モーゲンスタン陽子さんの書籍です!

 

いや~、いいですよ!役に立ちます!

是非ご覧になってください。

気の利いた英語フレーズでネイティブとスモールトークがしたければこの書籍!

アイキャッチ画像:Udemy