クリスマスギフトはAmazonでチェック!

英語栽培マンにならないために、すぐに自分の英語カリキュラムを組む!

「自分の英語カリキュラムを組む」

塾で英語を指導しながら、生徒を顔をのぞいて思うことがあります。

自信のなさそうな顔をして「栽培マン」不安オーラを出しまくっているからです。

簡単に「栽培マン」はどンな人?

・先送りする
・なかなか決断しない
・コスト意識が薄い
・すぐに群れる
・過去にすがる

こんな状況は、語学学習をしている方に経験があるのでは?!

努力しているのに成果がでない、頑張っているのに自信をもってできない。

他の人は上達しているようなのに、自分はどうしてこうなんだ、と。

わたしはいつもこんな風に答えています。

1.予定通りだ!

予定通り進んでいるから、そのままあきらめずに継続すること、と。

 

では、なぜ予定通りなのでしょうか?

 

それは、専門家のわたしが組んだカリキュラムに沿って努力を続けているからです。

予定通り、簡単には自信がつくことはない、おいそれとは上達の実感は得られません。

そんなことは最初からわかっているんです。

だから、

予定通りと伝えることにしています。

2.努力なし褒美なし!

しかし、

努力し継続さえしていれば、必ず「おっ??!!」と本人が息をのむような実感を体得するタイミングがやって来ます。

小さい時もあれば大きなものもある。

 

しかし、

このタイミングは、努力と継続したものにしか訪れない”ご褒美”であるのです。

わたしは、本人にその瞬間を味わってもらうためにも、とにかく叱咤激励します。

言っておきますが、この流れは塾生にかぎったことではない、すべてに共通することである。

 

もちろん英会話も同様です。

わたしは、5年の留学経験とその後の英語習得を通じて、いくつかのプランを組み、それをどんどんバージョンアップさせてきた。

・留学当初版
・語学学校版
・大学3年生版
・大学4年生版
・総合版など等

といった具合になります。

3.しなければならないこと!

 

ここで気が付いて欲しいことがあります!

語学学習をしている方々に申し上げたいのです。

大事なことは以下の通りである。

・専門家の診断
・本人の学力確認
・本人の個別目標設定
・専門家による本人の個別カリキュラム作成
・専門家と本人よるスケジュール管理
・専門家による定期的な進捗確認(テスト等)
・専門家による進路の継続と追加変更
・個別カリキュラムの修正
・目標の達成度の確認
・新規目標の設定

ざっとこんなところになりますよ。

4.PDCAサイクル

どこかで見覚えがないでしょうか?

PDCAサイクル(PDCA cycle、plan-do-check-act cycle)

事業活動において業務を円滑に進める手法。

Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)の4段階を繰り返すことによって継続的に改善する、というもの。

どれが抜けても実現にこぎつけるのは厳しいと言えます。

何事にも、

達成できたものとそうでない者には、この差が歴然と存在しているのですよ。

5.情報の取捨選択!

また、

もうひとつ注意しなければならないことは、世の中にはあまりにも多くの情報が氾濫しているという事なのです。

以前の記事「わたしがブックマークしている競合?!英会話ブログを全部ご紹介する!」の中で多くの英語・英会話関連ブログやサイトをご紹介しました。

https://eigo-jouhou.com/sites-i-have-bookmarked/

 

自分に今なにが必要なのか?

これはいつ必要になるのか?

 

カリキュラムがあれば、それに沿って判断することができます。

もし判断できないのであれば、専門家に質問して確認すればいいのです。

ただやみくもに覚えても役に立たないどころか、忘れてしまいます。

時間の無駄。

6.まとめ!

語学習得には、どこかで聞いたことがある広告のフレーズ「簡単な」「すぐに」のようなものは存在しないと思ってください。

自分の方向が決まっていなければ、貴重な時間とお金が無駄になったしまいます。

自分の学習カリキュラムが出来上がっていれば、情報収集がもっと効率的になるでしょう!

是非、

自分自身の英語・英会話学習カリキュラムを作成してみてはいかがでしょうか!

初記事2016年3月7日