この英語の言い回し「Until you give me a reason not to!」の使い方ご説明します!

「Until you give me a reason not to!」

英語ブロガーの鈴江(スズヒロ)スズヒロ@伝える英語です。

君の言うことを信じるよ、と強く言いたいときのこの英語表現!

関係なんかないよ、俺はしてないよ。信じてくれよ!と真剣な表情で訴える友人。

スズヒロ

こんな友人の気持ちに答えて、あなたはハッキリと「信じるよ」と伝えました。そして、さらに上記のように伝えたのです。といった流れでしょうかね。

直訳(少し意訳)しますと、「君が信じなくていいっていうまで信じるよ」となります。

こんな会話です:

A:It has nothing to do with me.  Just believe me, I didn’t do anything at all.
それは僕には関係ないよ。信じてよ、何もしてないないよ。

B:I’ll believe you until you give me a reason not to.
信じるよ。

これだいぶいろいろな場面で使われている言い回しのようですよ。

アサさん

Trust people, until they give you a reason not to.
I’ll trust you until you give me a reason not to.

こんな関連記事もどうぞ:

この英語の言い回し「above one’s pay grade」の使い方ご説明します! この英語の言い回し「down to the wire」の使い方ご説明します!

英語ブロガーの鈴江(スズヒロ)スズヒロ@伝える英語でした。

写真のクレジット:smithsmm