アメリカでもこのwalkaboutって使うんですね!起源はイギリスとオーストラリア!

「walkabout」

英語ブロガーの鈴江(スズヒロ)スズヒロ@伝える英語です。

これは、放浪の旅、という意味の単語なんですね!

スズヒロ

日本語でも同様ですが、地方のいろいろの表現が一般的に使われるようになるんですね!イギリスとオーストラリアですよ!元々は。

英語では、australian english a long journey by an Australian Aboriginal, especially on foot for cultural reasons:(Cambridge Dictionaryより抜粋)

詳しくは

長期の旅が直訳ですが、オーストラリアの先住民族のアボリジニの儀式なんだそうです。

さらに、英国では、一般人と触れ合うために著名人が公共の場を歩く、という意味で使われるそうです。

I want a long walkabout.
長い旅行がしたいわ。

こんなメモが書けるといいですよね!
この書籍超おすすめです!

身近なメモを英語で書きたい!それならこれリサ・ヴォードさんの【メモで身に着く日常英語】に限りますよ!

こんな関連記事もどうぞ:

酔っぱらってる、ってdrunk以外にもこんな英単語がありますよ! 学校や仕事のずる休み、って英語でこんな言い回しが!

英語ブロガーの鈴江(スズヒロ)スズヒロ@伝える英語でした。

写真のクレジット:PACIFIC