クリスマスギフトはAmazonでチェック!

英単語 rumor を使わないで「うわさ」はこんな表現で!

「word on the street」

町のうわさ、巷のうわさ、という意味になります。The word on the street とする場合もあります。

このように単語をみてその意味を推測できるものを「collocations」と呼んでいます。

英語では、what people are saying(Merriam-Websterより抜粋)

例文は:

Word on the street is that the company is going out of business.
噂だと会社倒産するよ。

 

さて、

この表現以外にもたくさんの言い回しがありますよ。以下のように言い替えが可能です。

They say that ~

I’ve heart that ~

I hear that ~

It is said that ~

The rumor has it that ~

People say that ~

 

追加説明です:

is going ~は、進行形です。進行形には未来を表す表現があります。

じゃ、will や be going to と何が違うのかというと。

進行形⇒未来のある時点を想定している。
I am leaving tomorrow.
明日には出発している。

will⇒その場で(今)決めた意思。
I will leave tomorrow.
明日出発する予定。(今決めて)

be going to⇒流れの中で進行中。
明日出発しようと思っている。(ずっとそのつもり)

こんな関連記事もどうぞ:

ぞっこんなんだ、ってこんな英語の言い回しがあります。

写真のクレジット:Faith on View