喋る

英会話が続かない出来ない残念な人の特徴とは

2020年3月8日

英会話ラーナー
英会話上達する方法を教えてください!

 

お答えします。

 

本日の記事内容

英会話ができない人には特徴がある
英会話ができない人は座学に逃げる傾向がある
英会話ができない人はすぐにコツを聞こうとする
英会話ができない人学習量圧倒的にが足りない
英会話ができない人はすぐに成果を求める

この記事の信憑性

在米5年の米国大学卒業、2年弱NYでプロジェクトに関わる。さらに企業の代表取締役専任の通訳・翻訳者のわたしが明言します。

英会話ができない人には特徴がある

わたしは英会話を習得しました。今まで多くの相談を受けたけたことがあります。

ここではっきり申し上げますが、英会話が「続かない人」「できない人」には共通の特徴がありあます。

まとめて書いておきます。以下になります。

英会話ができない人は座学に逃げる傾向がある

やっぱり、悔しいんでしょうね。英会話が苦手だということが。

そんな人たちは「苦手」を払しょくするために、英文法やテストでの高得点を目指すわけです。

上手になるには「インプット」だけでなく「アウトプット」を増やすしかありません

明言しますが、わたしは英文法もできないのに、恥をかきながら人前で話すことにチャレンジしました。そしてインプットして修正を書け、さらにアウトプットという繰り返しです。

会話ができない人はすぐにコツを聞こうとする

これかなり重要なポイントです。

素晴らしい英会話教室であなた専用の「カリキュラム」を作ってもらっても、常に「自分なりのやり方を探す」ということ意識できないと続きませんし、達成できません。

すぐに人に聞くではなく、自分でもいつも「どうして」「なぜ」を見つけなければなりません。

聞いてばっかりの人は「99%」うまくいきません。

英会話ができない人学習量圧倒的にが足りない

これもポイントの1つです。

週一の英会話教室でうまくなれば、日本人の多くは英語がはなせるでしょうから。

圧倒的に学習量が足りません。

会社員でも1000時間以上/年。もしフラーランスならこの数倍学習してください。そうすれば形が見えてきます。

英会話ができない人はすぐに成果を求める

達成できない人ほど、成果を求めてきます。

コツコツやって達成した方に聞いてみればわかりますが、そんな簡単に成果は出ません。

まとめ

アーチェリーの的に刺さっている矢
ブログで生業を生み出す人の割合は1000人に2人と言われています。

英会話もブログとほとんど同じ状況です。

続けなければ成果は得られません。そして最低でも1年鬼学習して初めて第一ハードルを越えることが出来ます。

コツコツ継続です。

以上です。

 

関連記事まだTOEICで消耗してるの?英会話上達法

関連記事【無料カウンセリング】ビジネス英会話スクール2社

  • この記事を書いた人

hirosuzue7

英語にはまり留学⇒米国SF州立大学卒業⇒TOEIC890点取得⇒リーマン⇒アパレル会社CEOの専任通訳翻訳者⇒独立起業⇒起業失敗。【現】年間優秀塾英語講師。英会力とは何か?について書いてます。 ◆詳細プロフィールはこちら◆問い合わせはこちら

-喋る

Copyright© Eigo Blog , 2020 All Rights Reserved.