一体どうなってるんだい、って英語で言いたいときにはこれ!

「What gives?」

英語ブロガーの鈴江(スズヒロ)スズヒロ@伝える英語です。

何が起こってるんだ?どうなってるんだ?と言いたいときに使えます。

英語では、What happened? What went wrong? What’s the problem?

この解説をする前にこの件についてご紹介したいと思います。

日本語にないこの言い方は、高校生の文法でも英訳する時になかなか厄介なものの1つです。

例文でご紹介しましょう。

使役動詞の表現

What makes you think so?

直訳は、「何があなたをそう考えさせるのか?」になります。

でも、馴染みのある日本語にすると;

「どうしてそう思うのよ?」

そうなんです、このパターンは英語ではよく使われますよ。こんなのものありますよ。

What took you so long?

直訳は、「何があなたにそんなに時間をかけさせたのかい?」意味わかんない!?

これは;

「なぜそんなに時間がかかったの?」

使役動詞の make を使った make+目的語+原形動詞というものですね。

さて、本題に入りますよ。

「What gives?」はどうしたの?何があったの?という意味で使われます。口語ですね。

どうしたんだ ?という意味。

由来はドイツ語 Was gibt’s? (What is going on?、What’s the matter?) からきているそうです。(Weblioより抜粋)

注意
最近はあまりつかわないようですよ。

こんな関連記事もどうぞ:

この英語の言い回し「Get a room.」ってどんな意味だかわかります? この英語の言い回し「Works for me.」の使い方ご説明します!

英語ブロガーの鈴江(スズヒロ)スズヒロ@伝える英語でした。

写真のクレジット:compliancestrategists

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください