残念ながら行けない、とお誘いを丁寧にお断りするときの英語の一言!

この記事に共感いただけたら感謝!応援が励みになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

日常会話で使えるちょっとした言い回しをご紹介する。

本日は「keep me posted」!

意味は:今後も教えてほしい、知らせてほしい、という意味。
「keep me informed」も同様の意味となる。

追加情報:またこんな言い方もあるのでご紹介しておく。
I’m gonna take a rain check.(また今度ね)

※「rain check」は、雨天順延のゲームの引換券のことで、これを取るということから「次回にします」ということになる。

例文:
I wish I could, but I got plans.  So please keep me posted.
出来れば行きたいけど、予定があるの。また知らせてね。

文法的な説明をさせていただく。

これは、SVO+分詞(現在分詞・過去分詞)の形となる。
主語+動詞+目的語+分詞(現在分詞・過去分詞)

keep は、SVOCで使われる。
その働きは、OをCの状態に保つとなっている。
それで、私をposted、informedの状態に保つ、にすることができる。
I am posted、I am informedの文となり、されているという受身の意味を表している。

:上司との関係や仕事のやり取りの中で、何かあったら連絡してほしい時の使い方もある。その例文:
Keep me posted on anything that happens while I’m away.
わたしがいない間何かあったら連絡してほしい。

という意味になる。