英語で「pretty much」ってどんな意味だかわかりますか?かわいいとは違います。

この記事に共感いただけたら感謝!応援が励みになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

英語アドバイザー(@eigojouhou)鈴江です。

英単語の「pretty」ってもうよくご存じですね。日常会話ではよく使われます。でもこれ「cute」や「beautiful」の代用品だけではないのですよ。

prettyには以下の意味がありますね。

1.形容詞で使われる、上記のかわいいという意味。
2.副詞として使われる、かなりの、相当のという意味。

パッと読むための目次

かわいい

1のかわいいという意味で使われる場合、「cute」や「beautiful」とは少し違ったニュアンスがありますよ。

「beautiful」(美しいという意味)と比較して、かわいらしさや愛らしさがある感じで使われます。

「cute」は小さくてかわいいということで、赤ちゃんに使われるとピッタリ来ますね。

かなりの

2のかなり、そうとうの、という言い方が実は英語で多用されます。「very」や「quite」とどんな風に区別されるかというと;

強「very」
「pretty」
弱「quite」

上記のような位置関係かなと思います。very よりも少し弱い、でも quite より強い感じ。

例文:

I’m pretty sure that I left my car key on the desk.
デスクに車の鍵置き忘れたの確かだよ。

I’m pretty tired.
とても疲れた。

pretty much

そして、本日の記事の質問テーマに触れましょう。まず例文をご紹介します。

例文:

渋KUN
Have you done your homework?
宿題やった?
楽KUN
Pretty much!
ほとんど!

こんな感じで使われますよ。

楽KUN
Things are pretty much the same.
ことはほとんど同じかな。

まとめ

「かわいい」「けっこう」「だいたい⇒pretty much」はしっかりおわえておいてください。助かりますよ。