便利な表現

「頑張れ!」って言いたいときにの色々な表現まとめました!

 

ポイント

本日は「色々な頑張れ!」についてご説明します。
 
◆これから頑張る人に向けて:
 
Good luck:これまさに定番中の定番です。
これからテスト頑張ってね、東京での生活頑張ってね、という時にはこれです。さらに、案外日常でも別れ際に軽く使うこともできるんです。
使い方は:
Good luck with/on something
Good luck in somewhere
と言った感じです。
 
Break a leg:直訳の脚を折る、でも意味が掴めませんが、これで頑張れなんです。舞台などパフォーマンスをする人に声をかける言い回しです。この世界では「Good luck」は縁起が悪いとされているのです。
 
You can do it:直訳通り、あなたならそれをすることができる、で連想可能です。お相手ができると信じて声をかてる感じです!「あなたならできる!」ですね。
ちなみに、これは、次のカテゴリー「すでに頑張っている人に向けて」でも使えます。
 
◆すでに頑張っている人に向けて:
 
Hang in there:これは「そこで持ちこたえて」「耐え抜いて」という意味になります。今まさに困難に立ち向かっている人に向けて、声をかける感じです。
 
Keep it up:フレーズ「keep up」には続けるという意味があります。なので、「その調子!」「これからもその調子で」「それを続けて頑張って!」という意味になります!
 
You can do it:すでに頑張っている人にも使えるフレーズです。
 

注意

よくご存知の「do my best!」について:
 
もしあなたが仕事やパフォーマンスで頑張って必ず結果を出す、という気持ちであるなら、学校で習ったこの言い回し「I'll do my best.(私は頑張ります!)」は、実は適切な表現ではないんです。
NYでの仕事でパートナーから質問されて上記の返答をしたのですが、注意を受けたのです。
 
日本人の理解するこの言い回しの意味:「諦めず全力を尽くして最後までやり抜く」
英語圏の人が捉えるこの言い回しの意味:「うまくいくかわかりませんがベストは尽くします」
 
同じフレーズを使っても捉え方が異なるということを実体験したのです。
 
ここはとても注意が必要になりますね!
 
諦めず全力を尽くして最後までやり抜くを言い換えるなら:
You can count on me.(お任せください)
Leave that to me.(お任せください)
 
よって、当然なのですが、これから挑戦したり、立ち向かっていく人に「頑張って」という時にも使いません。

 

記事の信憑性

在米5年の米国大学卒業、2年弱NYでプロジェクトに関わる。さらに企業の代表取締役の通訳・翻訳者10年専任。

 

本日のフレーズ

 
色々な頑張れ!、という英語表現になります。

  • 「several kinds of ganbare」

 
◆これから頑張る人に向けて:
 
See you! Good luck on your test.(じゃあね!テスト頑張って。)
Good luck in Tokyo. Test me when you settle in.(東京では頑張って!落ち着いたらメールちょうだい。)
I’m looking forward to your performance! Break a leg.(演技楽しみにしてるから!頑張って!)
 
◆すでに頑張っている人に向けて:
 
Hang in there, Hiro! Let's finish strong.(諦めるな!最後まで頑張れ。)
 
追加情報:「Let's finish strong.」
関連記事
「最後まで頑張れ」って言いたいときには、この表現いいですよ!

続きを見る


Don't give up! You can do it.(諦めないで、君ならできる!)
You’re doing great. Keep it up!(いいよ、よくやってるよ!その調子で!)
 

何気ない会話でも
ちょっとしたフレーズを使うと会話力アップです
そんなフレーズや言い回しを押さえて
あなたの英語に磨きをかけましょう!

 

その他便利な表現

 
短縮表現・略語表現まとめ


 
「go back a long way」


 
「ugh」


 

おすすめの一冊

 
英語学習論 スピーキングと総合力

脳科学の専門家であり英会話のエキスパートの英語学習論

現京都大学国際交流推進機構准教授、在米20年、MIT含む4校で「化学・数学・物理学・第二言語習得」を教える、という方の書籍です。

 


 
簡単に概要をご説明します。

 

脳には言語学習に必要な2重螺旋が存在する:

①宣言的知識:言葉で内容を説明できるもの(形式知・現在知)
三単現のsが、明らかに言葉で説明できる宣言的知識。
覚えて口で説明する出来ると言うことですね
スズヒロ

 

②手続き的知識:言葉では説明できないが確かに脳内にあるもの(暗黙知・潜在知)
連続的なアウトプットが相当なスピードで要求される状況では宣言的知識では間に合わないことがこの知識で可能となります。
パッと口をついて出る、すっと頭に入ってきて理解できるとう言うことです!
スズヒロ

 

詳しくは以下の記事をご参照ください:

関連記事
英語スピーキングについて知っておくと無駄な努力をしなくて済むと言う件

続きを見る

 

まとめ

 

アーチェリーの的に刺さっている矢のイラスト画像

 

英語・英会話を徹底的に鍛えたいなら、この2社をお薦めします。

関連記事まだTOEICで消耗してるの?英会話上達法

関連記事【無料カウンセリング】ビジネス英会話スクール2社

 

本日は以上です。
 

カテゴリー

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

スズエヒロユキ

英語にはまり留学⇒米国SF州立大学卒業⇒TOEIC890点取得⇒リーマン⇒アパレル会社CEOの専任通訳翻訳者⇒独立起業⇒起業失敗。【元】年間優秀塾英語講師。【現】専業ブロガー、Youtuber。会話力が上がる英語表現とそのコツについて書いてます。

-便利な表現

Copyright© Eigo Blog , 2022 All Rights Reserved.