強い予感がするって英語で言いたい時には、これかもしれませんよ!

この記事に共感いただけたら感謝!応援が励みになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

KlausHausmann / Pixabay

定番の~~~な予感がする、の強い感じがこもっている言い回しです。

「gut feeling」

渋KUN
Did you hear that? Did you hear that?
聞こえた?聞こえた?

楽KUN
 I got a gut feeling that something bad is gonna happen.
何か悪いことが起こるイヤーな予感がする。

あーささん
この gut は、ラケットのガットと言えば思い当たるでしょう。消化管、腸、内臓、はらわた、(ラケットやバイオリンの弦、外科用縫糸に用いる)ガット、のこと。

あーささん
そして gut feeling で、直感、第六感、という意味になります。単なる予感とする feeling よりずっと強いニュアンスが含まれます。

あーささん
もうご存知の gonna 。これは going to の省略形としてよく使われます。
このような発音の短縮などは、現地の人が発音するのが面倒なので、そうしてしまうそうです。案外こんなことが理由で決まったり、使われたりするのですよ。

have・have got・gotについて:
haveは中一で習います。でもhaveよりhave gotを多く使います。でもなぜhave+過去分詞なのでしょうか?!
長年の習慣とネイティブに言われました。笑!
さらに、このhave got は、短縮されて、’ve got として使われることが多いです。さらに、会話では、’ve はほとんど聞こえないので、got のみで使われているように聞こえてしまいます。
わたしには got だけのように聴こえましたよ!
実際に got のみでしょう、だぶん?!