強い予感がするって英語で言いたい時には、これかもしれませんよ!

「gut feeling」

定番の~~~な予感がする、の強い感じがこもっている言い回しです。

英語では、an instinctive feeling, as opposed to an opinion based on facts(Collins English Dictionaryより抜粋)

渋KUN
Did you hear that? Did you hear that?
聞こえた?聞こえた?
楽KUN
 I got a gut feeling that something bad is gonna happen.
何か悪いことが起こるイヤーな予感がする。

この gut は、ラケットのガットと言えば思い当たるでしょう。消化管、腸、内臓、はらわた、(ラケットやバイオリンの弦、外科用縫糸に用いる)ガット、のこと。

そして gut feeling で、直感、第六感、という意味になります。単なる予感とする feeling よりずっと強いニュアンスが含まれます。

もうご存知の gonna 。これは going to の省略形としてよく使われます。
このような発音の短縮などは、現地の人が発音するのが面倒なので、そうしてしまうそうです。案外こんなことが理由で決まったり、使われたりするのですよ。
have・have got・gotについて:
haveは中1で習います。でもhaveよりhave gotを多く使います。でもなぜhave+過去分詞なのでしょうか?!

長年の習慣とネイティブに言われました。笑!

さらに、このhave got は、短縮されて、’ve got として使われることが多いです。さらに、会話では、’ve はほとんど聞こえないので、got のみで使われているように聞こえてしまいます。

わたしには got だけのように聴こえましたよ!
実際に got のみでしょう、だぶん?!

こんな関連記事もどうぞ:

裏小作するって英語ではこのpoliticsを使いますよ!

2017.07.13
こんな関連記事も読まれています

ABOUTこの記事をかいた人

英語アドバイザー。役に立つ情報(英語)ブログ運営。学習院大学/サンフランシスコ州立大学卒業。アパレル企業代表取締役の元専任通訳・翻訳者。元IT系ベンチャー企業経営者。現大手個別指導塾英語講師。